親友は少なくていい

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

森の中のカフェに入る


窓を開けると
新緑の新鮮な空気が入ってきて
気持ちも落ち着く

(東京にはこんなとこないなぁ)

そんな風に思っていた

車の揺れから解放されて
ホッとしたのか
eriが話始めた

仲のいい近所の友達の話になり
その友達がいかに自分にとって
必要なのかって話始めた

自分の具合が悪くなって
友達だったらまず最初に
連絡する友達、
そう思ったのかも知れない

その友達との縁、
今の関係についても
語ってくれた

オレは羨ましかった
そこまで信頼できる友達が
いることが

オレには友達がいないなと
思っていた

「ええね、eriにはいい友達がおって」

「うん。心から信頼できる友達は
 少なくてええねん」

「オレにはそんな友達はおらんなぁ」

「私がなるわ」

時々、ハッとしたことを
eriは言う

言葉に感動して胸が詰まって
オレはしばらく言葉が出なかった



関連記事
彼女遠距離恋愛生きる二人デート幸せ回想

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment