意識なくしても

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

eri と離れたくなかった


少しでも長い時間
一緒にいたかった

それに
キスも
体も

全部求めていた

eriは理解していて
eriも頷いてくれた

少しの時間だったけれど
慌ただしい時間だったけれど

2人は濃厚な時間を
過ごした

オレはそんな短い時間でも
朦朧として時々意識が飛んだ

気づくと心配そうに
eriがオレの顔を
見つめていた

一体感から来る
安心感

eriの気持ちと体温が
オレを幸福感で満たした

ありがとう
こんなに思ってくれて

オレはずっと離さない

お互いが高まる中で
お互いに声を発した

「愛してる」
関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる幸せデート回想

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment