朝の暴走

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

すやすや眠るeriを見て
オレはとても可愛いと思った

朝のセックス2

(朝早くから家を出て今まで
よく起きてたなぁ

よっぽど疲れたやろ)


そっと髪を撫で
電気を消し
寄り添った

eriはとても安心しているように
ぐっすり眠っている

オレも安心して
eriの首を左腕に載せ
横たわった

腕枕するとeriが寝返って
オレの身体にすっぽりと入った

オレはeriの温もりを感じた途端
身体が反応したが眠りに落ちた


どれだけ眠っただろう
冬の朝、薄暗い中目を開けると
eriの小さい身体が腕の中にくるまっている

オレは可愛くてしょうがなかった
ゆっくりと髪を撫で髪にキスした

eriの髪の爽やかな匂いと
身体の温もりと柔らかさに
オレの身体は反応した

eriはオレの雰囲気の変化に気付いたか
目を覚ました

ゆっくりと口づけすると
eriは嬉しそうに返してくれた

その反応が
オレの中の猛々しい気持ちが
オレをつき動かした

(なんでなんやろな
なんでこうも好きなんやろな)

いつのまにか
オレはeriの声を聴きながら
自分の気持ちをすべて投げ出した

「好きやねん
 愛してるねん」

その時は
オレは気付いてなかったけれど
eriはオレの暴走を一生懸命受け止めていた




関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる幸せ回想デートキス愛し合う

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment