君の好きなとこ

ももあんず(momo anzu)

ももあんず(momo anzu)

忘れられないカフェがあってそれを今日は書いてみる...

溶鉱炉

溶鉱炉

少しドライブしてあらかじめ調べておいたホテルに向かうフロントで鍵を受け取りエレベータに乗りこみ部屋に入る前に来たことがあるホテルその快適さは君も知ってる入室するなり君は呟いた「あー、ただいま~ ゆっくりできる~」君の声が弾んでる華やいだ声にオレも頬が緩む「うん、心ゆくまでゆっくりしよう」しばらくお茶を飲んだり持参した君のパソコンを広げて二人のアルバムを見始めた君が腰掛けオレが後ろから覗きこむ同時...

君の才能

君の才能

いつも君の才能には驚かされる2人で作るアルバム君の写真のセンス文章の緻密さ穏やかさそしてホロっとする温かさそこには君自身の人間としての温かさや風景を見ての感情の起伏がしっかりと表現されて見る人を惹きつける絵が大好きで描くことも大好きな君オレが書いた文章に色付けしてくれたこともあったよねイラスト付けてくれたことも君の心を映し出す文章も好き誰もが納得する表現や選び抜いた言葉は簡潔だけど説得力のある文章...

過去と今は未来のため

過去と今は未来のため

君と話していると夢中になる次、ああしようかなこうしようかなとアイデアが湧くいつもヒントをくれるのは君創造するのは君アレンジしたり支えるのがオレそうした共同作業の中でふと考えるオレにとって大事なものは何かな君にとって大事なものは何かなオレにとって大事なものは自分の時間その時間を君と一緒なら最高だだから今すごく楽しいんだよ君と一緒の時間を過ごしているから離れていてもお互い忙しい時間の中でお互いの時間が...

君と腹を抱えて笑う休日

君と腹を抱えて笑う休日

君と出会えてよかった君と早く会いたいそう思える休日朝から今日も一人の君はオレと二人で共同作業楽しい時間がどんどん過ぎて君も目を輝かせて作業をする二人のアルバム作り遠距離でも同じ趣味があれば時間は共有できるそう思える休日「これな、こうしたらええねん ここの説明どうする? こんなタイトルどう?」「このタイトル変やわ トンカツみたい」君も段々乗ってきて面白いタイトルを考える出てきたアイデアに腹を抱えて笑...