轟音と窓のない部屋でも

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

コンピュータの部屋というのは

データセンター

コンピュータが快適に動くための部屋で
打ちっ放しのコンクリートに囲まれた
人間にとっては苦痛の場所だ

情報漏洩に厳しい最近は
もしトラブルが発生して作業するにも
人間の知識と経験だけがものを言う

作業も立ちっぱなしであることが多く
窓のない空調の轟音が鳴り響く環境で
作業員同士が会話するのも
大声を張り上げないといけない

eriがそういう環境を
知っているかどうかはわからない

たまたま、オレはそんな環境での
作業の前にプレゼントをもらった

黙々と作業する孤独な中で
自分の中の知恵を頼りの作業する

そんな日が続いた

トラブルが解決し
外に出られたとき
まず連絡したのがeriだった

中にいるときの不安、
そして解放された安心感

何より聞いてくれる
心の安らぎ

人を愛することが
そして愛情を受けることが

どんなに心を支えて
どんな状況でも
前を向ける力になることか
eriと付き合ってよくわかる

自分が病気を克服しても
戻りそうになることを
何度も感じたけれど

それを必ず阻止してくれるのが
eri

心の支えは
孤独なコンクリートの壁を
ぶち破る

その向こうに一人の女性が
待っていてくれると思うだけで
どんな状況も心に陰を落とさない

トラブルが終わり
作業が無事終了して
宿泊しているホテルに到着したとき

そのことをつくづく感じた
関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる回想ライン

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment