半信半疑の出張

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

eriが東京に来ようかなと
一言つぶやいてからしばらくして
オレの関西への出張が決まった

嵐前の静けさ






オレはまだ半信半疑だった

主婦であるeriが2日家を空けることが
本当にできるのかと思っていたから

毎日のラインで
少しずつeriの家の事情もわかりはじめ、
eriがどれだけまじめに毎日仕事をこなし
子供の世話をしているのかということが
なんとなくわかっていた

eriの仕事の都合で
出張があることは知っていたが、
めったにないことだったから
「行ってみたい」
という言葉は真実だろうけれど
現実になるとは信じがたかった

そんな時にオレの出張が決まり
週末、実家に帰ろうとも思っていたので
週末の一日でも会えればいいなと
eriに連絡した

そしてその時に現実になるか
わからないけれど
東京の旅の話をしようと思った

eriは旅費を貯金して自分で出してまで
東京に出ていきたいと言っていた

そこまでの気持ちがどれだけのものか
オレにはわかっていなかった

eriがどれだけの
覚悟と勇気をもって
言ってくれてるのか、
理解していなかった

そうこうしているうちに
オレの出張の日程が近づいてきた
関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる回想

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment