あの頃のオレが君に感じた安心感

Category回想
 0  0

スポンサーリンク

20181017朝


君に出会って過去の自分をとめどもなく話したのは
5年前だった

(君のつけた笑顔のスタンプ)


初対面なのに
想像だにしない美人からチョコをもらい
ドキドキしながら
実家に帰ったのを覚えてる


実家に時々帰ってたのは母が心配だったから

生まれつき心臓が悪い母が
必死の思いでオレを産んでくれた
オレが社会人になるまで
何回か大きな手術をした

それでもオレは就職して
会社の都合で東京に転勤になり結婚した

オレはことあるごとに
実家には帰っていたが
親孝行と言えるほどではなかった

相手(配偶者)は母とは折り合いが悪く
最近はいつも帰省するのはオレだけか
オレが子供を連れて帰るだけだった

相手は仕事が忙しいからと
いつもオレの実家に行くことは避けていた

君に会ったこの頃は母が貧血気味で調子が悪く
年末から検査入院し、原因を探っていた
オレは出張もあって一人で帰ることも多かった

そんな時期だったから、
自分の話をすべて受け入れてくれる
君と久しぶりに関西弁で話して
普段通りに話せてとても安心したのかも知れない

検査の結果、貧血の治療のための
母の手術が決まり、
オレはまた実家に帰ることになった
関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる回想

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment