溶鉱炉

Category1月のデート
 0  0

スポンサーリンク



少しドライブして
あらかじめ調べておいたホテルに向かう

フロントで鍵を受け取り
エレベータに乗りこみ部屋に入る

前に来たことがあるホテル
その快適さは君も知ってる

入室するなり君は呟いた

「あー、ただいま~
ゆっくりできる~」

君の声が弾んでる

華やいだ声にオレも頬が緩む

「うん、心ゆくまでゆっくりしよう」

しばらくお茶を飲んだり
持参した君のパソコンを広げて
二人のアルバムを見始めた

君が腰掛けオレが後ろから覗きこむ

同時に君の肩をマッサージすると
君が笑顔になる

「めっちゃ嬉しい、
これがあるから付き合える」

肩凝りの君はオレがマッサージすると
いつもこの冗談を言う

(本音かな?笑)

肩凝りをほぐした後
君を温めるようにベッドに入る

君は身も心も温かく迎えてくれる
オレはその温かさに夢中になる

君はどこまでも愛おしい
お互いの肌の繊細な感触が何度も感じられて
幸福感に包まれる

君との絆が
また強固になったと感じる
君と共に生きてると感じる瞬間

2人の心が融け合った


熱い時間が過ぎても
オレはずっと君に夢中
君は腕の中で幸せそうに
微睡む
その顔を愛おしく見つめ
耳元に囁いた

「愛してる」

融け合った心の炎が落ち着いた後
君の手を一緒にポッケに入れて
寒い街に繰り出した

関連記事
彼女遠距離恋愛二人生きる幸せデート言葉アルバム愛情愛し合う

参加しています。ポチッと押していただきますと励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment