準備不足でも抱き合う

Category4月のデート
 0  0

スポンサーリンク

「ほら、足元気をつけて」

彼女のいたずらっ子のような顔が
振り向いて言葉がかかる

どっちが男かわからないな

彼女の先導でオレが続く

ランチで満足した後、
緑の中を散歩したくて
彼女が好きな場所に来た

ここは小さな湖を起点とする
渓流沿いを歩ける緑濃い小道

彼女のお気に入りの道

準備不足なオレは革靴
スニーカーを持って行ってなかった

落ち葉の重なりが怖くて
コンクリの道を歩く

本当は葉の絨毯を
歩きたかった

最初、歩いてみたけれど
何度か葉の上を滑って
一度は尻餅をついた

彼女が大笑いして、
でも心配してくれて
それ以来ずっと先導してくれる


おかしな2人

でも、

それでも楽しいんだ
なんて楽しいんだろう

川のせせらぎ
目の前に大好きな彼女

時々聞こえる
鳥のさえずり

目の前には愛する彼女

ふと見上げると
木漏れ日が
鮮やかな緑のシャワーを作ってる

彼女が歓声をあげる

「綺麗」

彼女の笑顔が輝く
幸せ以外の何ものでもない

緑をバックに
川のせせらぎを聞きながら
彼女を背中から抱いて
キスをした

「愛してる」

お互いに言い合って。



彼女二人幸せデート言葉趣味食事カフェキス

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment