君の好きなとこ

相手(嫁)とオレと君と

相手(嫁)とオレと君と

家計を握る相手はオレの母の身体より仕事を休むことを心配したオレが身体を壊し、休職している間もオレの病気を子供達に隠し世間体を守るためかずっと専業主婦でやってきたオレの具合が悪くなり、年収も下がり働かざるを得なくなると不平をいつもぶつけてくる家計は相手がすべて支配しオレは小遣いをもらうだけだった専業主婦でいれなくなったことがよほど気に入らないのかことあるごとに文句を言ってきた相手が不満を言うのはオレ...

母と相手(嫁)

母と相手(嫁)

母を思うと心配でしょうがない母は命がけでオレを産んで育ててくれたのにオレは何も知らず小学生の頃、母に悲しいことを言った「なんで兄弟がおらへんの? 兄弟が欲しい」母が大きな手術をして控え室で待っているとき、父が高校生のオレにあの時は母がとても悲しんだって聞いたオレはとても親不孝だ父は就職して関東に出て行くオレを頑張れと励まして出してくれたけれど母は寂しがった関西にいてほしかったと思うあまり関西に来よ...

あの頃のオレが君に感じた安心感

あの頃のオレが君に感じた安心感

君に出会って過去の自分をとめどもなく話したのは5年前だった(君のつけた笑顔のスタンプ)初対面なのに想像だにしない美人からチョコをもらいドキドキしながら実家に帰ったのを覚えてる実家に時々帰ってたのは母が心配だったから生まれつき心臓が悪い母が必死の思いでオレを産んでくれたオレが社会人になるまで何回か大きな手術をしたそれでもオレは就職して会社の都合で東京に転勤になり結婚したオレはことあるごとに実家には帰っ...

ミスドでの決心

ミスドでの決心

外に出ると真っ暗な空で少し雨が降っていた気温はそんなに寒くない気持ちは1つになり君と手を繋いで歩く近くに見つけたミスタードーナッツ甘いものが好きな2人は自然と店内に入ったミスドはタイムサービス中の100円均一関西人の性か一番高いものを選択 笑飲み物は2人ともロイヤルミルクティーにした一番隅の席に腰掛けて落ち着く自然と趣味の話になるこれからどうしていこうか熱のこもった話は2人とも夢中で話すそんな中、ふと感...

溶鉱炉

溶鉱炉

少しドライブしてあらかじめ調べておいたホテルに向かうフロントで鍵を受け取りエレベータに乗りこみ部屋に入る前に来たことがあるホテルその快適さは君も知ってる入室するなり君は呟いた「あー、ただいま~ ゆっくりできる~」君の声が弾んでる華やいだ声にオレも頬が緩む「うん、心ゆくまでゆっくりしよう」しばらくお茶を飲んだり持参した君のパソコンを広げて二人のアルバムを見始めた君が腰掛けオレが後ろから覗きこむ同時...

金曜日のデート

金曜日のデート

金曜日、オレは休みをとって君と会った君は家の用事を急いで済ませてオレに会いに来てくれるそのことにいつも感謝している会うために君はいつもどれだけの準備をしてくれ、気付かれないように動いていてくれてるか本当にいつも感謝する男は動きやすい外に出ているのがおかしくないから普段、仕事と子供達の世話で一生懸命な君にとってオレと会うことは大きな出来事「会う」というだけで大きなプレッシャーや準備を乗り越えてくれた...

今日はデート?

今日はデート?

仕事が終わって移動して君に三週間ぶりに会ったもう嬉しくて君の姿を見ると思わず駆け出す人気が多い場所ではさすがにくっつくことはできない心が弾んでスキップしそうになるのを必死で抑えた昨日のこともあったから余計に心配やってん車のドアを開けオレが顔を見て話しかける「こんばんは~ ありがとう、来てくれて」「はい、こんばんは~」まるで毎日会ってるかのような違和感のない挨拶車に乗り込んで走り始めると君が言う...

反省

反省

出張の夜、いつものように同僚と食事に出てホテルに帰り君にライン今日からますます君に近くなるオレの悪いところアルコールが入るとすぐに眠ってしまうこと街に貼られてあるポスターを見るたびに自分を戒める「お酒の失敗じゃない。あなたの失敗です。」ポスターそのものは暴力行為に対する言葉だけどある意味オレにも当てはまるオレはいつの間にか寝てしまって連絡が突然途切れることで君に心配をかけてる昨日もラインで話してて...

君への道のり

君への道のり

今日君に近づく昨日の夜、出張の準備をし今朝、早く家を出た君への距離を短くする出張はトラブルでも、難しい商談でも大歓迎とにかく今日と明日、仕事したら君に会いに行けるからそれがオレのモチベーション心が踊って昨日はちょっと寝付けなかったぐらいだ目覚めて君に挨拶して準備して早々に家を出た君に近づくのが嬉しい君のラインも文字が踊るいつも君はオレに力をくれるね今日も頑張ろうそして君に会いに行こういつもそこに君...

スーパームーン

スーパームーン

昨日帰る時空を見上げると煌々と光るまん丸な月が夜空に上がっていたスーパームーンだったらしい君は見てたかな遠く離れていても空は繋がってる空模様は違うかもしれないけれど同じ空の下にいる君に仕事終わったと話しておかえりと言われたあと見上げた月月の明るさと温かさが君の笑顔と重なった君のこといつも思ってる心に明るさをありがとういつも君を愛してる...