君の好きなとこ

君が君で居られる場所

君が君で居られる場所

朝起きて君に挨拶ここのところ君も休む時間がないね昨日は布団に入ってすぐに眠ってしまったかな今朝も起きるのが早いのかな慌ただしくてきっと疲れもピークに来てる今の時期しかできないからと君は言ういつも強いなと思うオレならきっと途中で倒れてしまうそこまで思う忙しさ今日はそんな君に会いに行く君が君で居られるそんな場になればいいないつも君を想ってるからいつも君を愛してる...

荷造り

荷造り

前から決まっている出張今回は少し長い出張で君に会えるチャンスも多いかな日々の仕事や家事、子供達の世話に忙しい君ほんまにお疲れ様2人の時間が君を少しでも暖かく和らげたら嬉しいなほんの数分でも1時間でも横にいたいそれが叶うかな君に会えることを何より楽しみにしているオレを笑顔で迎えてくれるかなまだ早いけれど昨日荷造りしてて顔がほころぶ荷造りしながら思い描いたよ会いに行く時会った時その時のオレの表情荷造り君...

せわしい中だからこそ

せわしい中だからこそ

休日なのに仕事で急かされ帰ってきた家の用事で出かける休日が体を休める日になってない君はいつも心配してくれてオレを気遣ってくれる昨日も横にいてくれたね忙しい時こそ君と話したいオレの場所がそこにあるから君を思うと心が潤うからせわしい気持ちがふっと普段に戻るからいつも君と話す時がオレの安定な心持ち君がいてよかったたとえ1分でもオレに立ち止まらせて心休ませてくれるからいつもありがとういつも君を愛してる...

寒さ到来

寒さ到来

冬の寒さが戻ってきた朝起きると君は部屋の寒さで目が覚めたと言ったオレの部屋も今日は冷えてるいつもオレは君の周りを想像するんだ寒いのかな周りの風景はどうだろう木々の紅葉はどうだろうそろそろクリスマスクリスマスイルミネーションはどんな感じだろ街はクリスマスづいてるかな君はイルミネーションが大好きだから一緒に見に行けたら君は笑顔になるかな君の笑顔を想像して心が明るくなる寒さで風邪を引かないように気をつけ...

心地よい風

心地よい風

自然の中でふと見る電車の外の風景寒くなって紅葉が一番でもう、葉がすっかり落ちてる木もあるかな毎日見てる風景なのにふと気付いた最近の仕事の慌しさが四季の変化にも目を向けなかったのかな君の自然に対する優しさが思い浮かんできた君と今見えるあの公園を歩きたいな鮮やかな黄色の銀杏並木や紅く染まった葉や頑固に緑を守る木を見て君は何と言うだろう一緒に薔薇を見たときの君のテンションの高さを忘れない紅葉もそうかな師...

クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼント

今年のクリスマスプレゼントは君の1人時間を癒せるもの少しでも気が楽に少しでも心休めるものオレも楽しく選べたよ君に渡すのが楽しみだ来週渡せるかな来週会えると思うと仕事に気合が入る君はオレの原動力オレは君の力になれてるかな毎日朝早く起きて子供の世話をして昼間は厳しい仕事をして夕方帰ってきて夕飯作ったり片付けて洗濯したり掃除したり子供の勉強を見たり1人時間がほとんどないものそんな中オレは君を支えてるかな力...

思いやる心

思いやる心

いつも君を想って毎日を過ごしてる今週は忙しいねいつも君は一生懸命家のこと子供も世話そして仕事1人の時間がなくて心窮屈になったり肩がガチガチに凝ったり寒さで身体が縮こまったりしてるかなでもずっと見てるよオレはずっと想ってる距離は遠くても心はいつも一緒起きるのも一緒眠るのも一緒今度会うまでに君へ好きな気持ちを君を思い遣る気持ちを心に募らせて笑顔とともに愛を届けるね気持ちいっぱいのクリスマスプレゼント1人...

君の素敵な声

君の素敵な声

昨日も寝る直前までラインで話をしたお友達の恋愛話他愛もない話でも、話しているうちに安心するそこにいるんだねそばにいるんだね恋愛話をすると恋愛に対する気持ちも一緒だってわかるんだな眠りに落ちていくのは安心感から君が「眠くなった。 寝たらごめん」って言うとオレも安心する寝る前におしゃべりすると安心するねラインの文字だけどそこにいて君の声を聞いているみたいだものいつもありがとうオレは安心し過ぎて寝坊す...

君と添い寝

君と添い寝

朝起きて君にライン昨晩は眠れたかな家の事情、様々な事情で眠れなかったって君は言うてたそういう時少しでも寄り添いたい昨日は1つクリアできたかな今朝起きてまず気になってそのことを伝えたかった君のことがいつも心配できれば横で眠りたい君を安心させて腕枕してねでも、昨日はそんな感じがしたかな眠る直前まで話せると嬉しいいつも君を心配してるからいつも君に寄り添いたいからいつも君を愛してる...

問題が起こった時

問題が起こった時

生きてると色々あるオレも君も一生懸命お互い色々思うことがあるお互いの環境が見えず意見が交錯することもあるそういう時顔を見て話せればいいのにオレが曖昧なばかりに説明が不足しているばかりに君への負担が大きくなってしまった君はいつも最後に自分を責める自分を責めて思考が止まるいつも一生懸命だからいつも立ち向かってるから未知のものに苦手なものに立ち向かうほど体力と気力を使うものはないオレはその力になろうとし...