FC2ブログ

君の好きなとこ

彼女とのミスドデート
No image

彼女とのミスドデート

ミスタードーナツが好きな2人時間気にせず長くいれるしドリンクバーのように飲み放題の店もある彼女とのお気に入りの店駐車場があるミスドたまに行くご飯を食べにミスドのご飯メニューは手頃で美味しい今はドーナツもPABLOとのコラボで新メニューがある2人が選んだメニューは柚子涼風麺とチーズタルド柚子涼風麺:柚子の香りとサッパリ感が冷麺の冷たさと合って暑い日のお腹を涼しくしてくれる一品チーズタルド:チーズタルトかドー...

母の背中に
No image

母の背中に

彼女とのデートを楽しんだあと実家に帰る帰ると母がまた小さくなっていた段々背中が丸くなる母前よりも小さくなってる母を見ると近くにいない親不孝を感じ自分自身を責めるあと何年こうして居られるだろうお盆のこの時期は特にもういない父のことも考える彼女はいつもオレの母のことを気にしてくれている彼女はオレを産んだ母をも大事にしてくれるのだ好きな人のお母さんを大事にするのは当然って顔でいつも言う何かあったら駆けつ...

誕生日プレゼント
No image

誕生日プレゼント

彼女との間で誕生日とクリスマスは何かプレゼントを渡そうと決めているバレンタインとホワイトデーは無しで、ともお互いの誕生日が近いせいもあって2人でアウトレットに買い物に出かけたお互いに金額を言い合ってその範囲で決めるプレゼント彼女が欲しいのはポシェットオレのは特別に決まってない彼女が欲しいものを探して当たりをつけてた店に入る想像と実際手にとって見るのとでは全然違ったそして違う店を見てみることにしたそ...

心の弾力
No image

心の弾力

今会いたいこれから会いに行きたい早く会いたい会って彼女を抱きたい彼女の温もりが欲しい彼女を抱いて身も心も安心したい遠く離れていると想ってみても言葉に出しても叶わないことがある我慢しなくてはいけないことがある彼女にとってもそれは同じオレはわがままだからできもしない行動や考えや甘えを言ってたしなめられることがあるこれは距離が遠いからなのかな自分の心の中にまぁるい袋があるとする時々、自分のエゴや欲望や心...

お互いを想うからこそ
No image

お互いを想うからこそ

いつも彼女は深い思いを寄せてくれるオレよりももっと深い気持ち昨日もそうだった車の運転を変わろうかというオレに対してもしものことを考えて辞退する彼女オレはいつも浅はか楽観的、その時の気持ちに流されて何も考えないで言ってしまう性格好意の押し付けは良くない考えてみたら好意でもないもし何か会った時煩わしい問題が起こるのは彼女車の修理や手続きをするのは彼女そして何よりそのあと、車に乗れなくなるかも彼女を大切...

秘密の伝達手段
No image

秘密の伝達手段

台風のせいで会社に遅れちゃいけないと家を早く出たのが間違いだった気が急いていつものパターンを崩すのは忘れ物をする昨日はスマホを忘れた彼女との大事な連絡手段であるスマホ電車に乗ってから気づいたラインが使えないときどうする?と話し合いをしていた二人その伝達手段を使うことにしたその手段は普通にメールだと家族の目が気になったり、簡単にできるものでなく気を遣うものだったそれでも、彼女は出勤前の忙しい時間にも...

スマホ握りしめてのメッセージ
No image

スマホ握りしめてのメッセージ

昨日は時々眠りながらの彼女とのラインだった横になるとすぐに眠気が襲いいつのまにか寝てしまうスマホを握りしめたままで彼女とのラインの途中で状況がわからない彼女は既読になったにもかかわらず返答がないのでメッセージを削除したオレを気遣ってのことだった後から知って彼女に謝ったその内容が心配なことだったから聞いてよかった大事なことなのに寝てしまってごめんね彼女がオレが心配すると思い削除したことオレが彼女の話...

アメニモマケズカゼニモマケズ
No image

アメニモマケズカゼニモマケズ

朝から気分が重い気圧のせいだろうか台風が近づいている朝の通勤時、彼女からメールが入る彼女の優しい言葉とこれからの予定が記されてあって気分が上向く彼女の言葉は雨、風をものとしない自分の中の希望その中で静かに休みたいな嵐が来ても彼女は心にいるそれがオレを安心させる毎日の糧を彼女からもらういつも彼女に感謝するありがとうそして彼女をいつも愛してる...

台風直前の朝
No image

台風直前の朝

空を見上げると雨ひとしきり降る雨久しぶりに降る雨だ台風が近づいているそんなことを感じさせる雨でも、この雨は彼女のところにはきっと行かない離れていると彼女の場所との天気の差や気温の差に驚くことがあるそれでも、環境が違ってもお互いの心は繋がっている環境の違いは伝え合うことでギャップを埋めることができる見かけじゃないほんとのことを自分の言葉で伝え合う近くても自分の言葉で伝えあわないとわからない時もある遠...

非日常から日常へ
No image

非日常から日常へ

彼女との夢のような時間から覚めて日常が始まるそこには自分の家なのに居心地が悪かったり自由にできない時空間があるこれでも今は随分自由になった彼女と知り合って、自分の束縛の大きさを知ってからそれを壊してきた5年前の自分とはまるで違う自分が今はある自分の意思で決めて自分の愛することに没頭している彼女との時間は非日常であるけれど、自分に一番素直な時間それがあるから生きられる日常に戻っても非日常の充実した時...