君の好きなとこ

茶屋町カフェ 06
No image

茶屋町カフェ 06

カフェで一緒に書店で購入したガイドブックを早速見る彼女がオレの住んでいる近くに遊びに来たいって言ったからだ彼女が遊びに来たことを想像してオレはこうしたいああしたいって夢中で話し始めたでも、知らない彼女にあーでもない、こーでもないというのは説明してもなかなか彼女がピンと来ないのは当然だった彼女には持ち帰って家でじっくり見てもし、行きたいところがあったら教えてもらうことにしたひとしきりガイドブックの話...

茶屋町カフェ 05
No image

茶屋町カフェ 05

カフェは混んでて少し待たされた後で知ったけど待つのが好きじゃない彼女その様子からオレが無理やり座ろうとすると始めて見せる表情をした今までずっとにこにこしてたのに少し曇った表情彼女は他を押しのけたりマナーが悪いことに表情を曇らせたその表情を見た途端自分が悪いと反省して大人しく店員に従ったなぜかその時の彼女の表情今でも覚えてる普段と違う表情って覚えるんだなぁそれ以来オレはマナーの悪いことはしようと思わ...

茶屋町カフェ 04
No image

茶屋町カフェ 04

喫茶店を出て今度は近くの紀伊国屋に向かったガイドブック買おうってことになったのだオレが住んでる街でオレ自身はガイドしたことがない見所と言ったら観光バスルートしか知らないなので彼女が見たいところを絞りたくて本屋に向かったガイドブックを見てあーここ行きたいここも面白そうここの料理食べたいって盛り上がる2人なのだ何冊かあるガイドブックでオレは一冊を選んで彼女にプレゼントした一緒に見ようねと本を購入した後...

茶屋町カフェ 03
No image

茶屋町カフェ 03

オレが選んだのはCafe Holiday今はもう店がなくなってしまって違う店になってしまってるButter系列のパンケーキの店だった店内は女性には嬉しい白塗りの西欧風な壁大きな西洋の椅子異人館の雰囲気だ大きな水槽もあってとても広い空間だったそこに彼女と二人で座る男性のオレが座っているのが少し気恥ずかしくなるほど女性には嬉しい店でも、彼女は雰囲気が好きと喜んでくれた彼女が喜んくれると店を選んだ甲斐もある白い洋風の椅子...

茶屋町カフェ 02
No image

茶屋町カフェ 02

そんな彼女から東京行きの話が出た一度東京に行ってみたいとオレはもちろん大賛成最初オレにとって彼女が単身東京に来ることがどれだけハードルが高いかわかっていなかった自分が出張によく行くのもあるからだろう彼女にとっては一大決心だったそれを話してからの今回のデートだった...