君の好きなとこ

寝る時起きる時 それが幸せな証

寝る時起きる時 それが幸せな証

今日はオレは休日君は今日はお出かけの様子オレは朝からのんびり君は準備があるみたいそれでも朝からラインで話してる開口一番、君がいう「昨日先に寝ちゃってごめんね」「オレこそ遅くなったわメールありがとうなぁ」オレが素直な気持ちを返すお互い想っていることは同じ休息の日朝からホッとするひと時遠くにいてもオレは君と一緒に生活してるよどんなに疲れててもどんなに眠くても君のことを思い続けてる寝る時起きる時まず声を...

「彼女」から「君」へ

「彼女」から「君」へ

お読み頂いている皆様へいつも拙い日記をご覧いただきありがとうございます。昨日の記事を書いてて「君の好きなとこ」のタイトルに合わせて「彼女」から「君」に人称変更しようかと思いつきました。これからも「彼女」への想いを「君」への想いとして綴っていきます。雰囲気が彼女への手紙のように変わるかもしれませんが、今まで通り自分らしく綴っていこうと思っています。コメントも大歓迎です。レスポンスよく返せず、少しお返...

心の弾力
No image

心の弾力

今会いたいこれから会いに行きたい早く会いたい会って彼女を抱きたい彼女の温もりが欲しい彼女を抱いて身も心も安心したい遠く離れていると想ってみても言葉に出しても叶わないことがある我慢しなくてはいけないことがある彼女にとってもそれは同じオレはわがままだからできもしない行動や考えや甘えを言ってたしなめられることがあるこれは距離が遠いからなのかな自分の心の中にまぁるい袋があるとする時々、自分のエゴや欲望や心...

毎日会う
No image

毎日会う

時間をお互い都合してできる限り会う彼女はいつもオレに合わせて都合をつけてくれる堂々と会えない悔しさの分だけそれでも会いたい嬉しさが募り会って笑顔になる幸福感が膨らむ昨日は彼女と会えた時間は多くはなかったけれどお気に入りのカフェに入り今までの話、これからの話織り交ぜてたくさんおしゃべりした帰りには二人でお買い物彼女が主婦の目で喜ぶ姿がとても新鮮で大笑いしたいつも彼女はオレを喜ばせてくれる大きなスーパ...

失態
No image

失態

目覚めてハッとする昨日は夕方から同僚と調子良く飲んでて、帰るといつのまにか寝てしまった気づいたらスマホを持ったままベッドに横になってる起きたのが夜中の1時前早く飲み会が終わったのに彼女に連絡を入れなかったすぐに連絡をしたけれどもう遅かった彼女に心配かけてしまった仕事仲間との飲み会は次の日の打ち合わせも兼ねたり、前向きな話になったり、色々話す仕事の話にどうしても熱がこもり長くなる話している間、酒が入...