正月

正月

君と正月に逢って充実した楽しい時間を過ごしたゆったりした時間を心地よく過ごしたそしてそのおかげで心の結びつきをもっと深く感じている君といる時間を一秒たりとも粗末にしていない物理的に近くにいる時間は離れている時に比べるととんでもなく少ないのだからでもね心の距離は近いよいつもすごく近い君が困ったとき君が調子が悪いときオレはずっと心配してる君のことがすごく気になるから愛する人のことをいつも想ってるから正...

顔、声、笑い

顔、声、笑い

君の顔が好き見るだけで憧れるなんでだろうすごく好き何度見ても綺麗な君素顔も素敵素顔が好き君は恥ずかしいと言うけれどすごく好きそれに可愛い声と話術が加わるから夢中なるずっと話を聞いていたくなるオレが君と話すのが好きなんだ愛してる昨日は何度笑っただろう久しぶり会って見とれてそして腹を抱えて笑った忙しい中を時間を割いてくれてありがとう嬉しかった何よりのオレの原動力君はなくてはならないよずっと一緒にいてほ...

どんな人か興味あってん (回想25)

どんな人か興味あってん (回想25)

帰らなあかん時間になって君は自分の鞄の中を見たとき、「あ、そうだ!」という顔をしてオレに向かって鞄から差し出した「これ、早いけど」チョコやったバレンタインの目を白黒させてオレは戸惑ったなんで?って言うたけど「どんな人か興味あってん ほんの気持ちやからとっといて」ビックリしたけどすごく嬉しくて受け取ったなぁ「ありがとう」生まれ変わって初めてのバレンタインチョコやった...

そうなんや (回想23)

そうなんや (回想23)

目の前にいる君は眩しかった鼻筋が通って高くてすごく気品があって美人という言葉は君のためにある言葉やそう思ったそんな君がなんでオレに会ってくれるんやろ?オレ自身、気後れしてオレ自身をさらけ出したかったのかなどこまでオレって通じるのかなって思ったんかな気取りも何をも捨てて真っ裸の自分を出して楽に話したいと思ったんかな自分の話を次から次へと話し始めた実は今の自分は昔の自分じゃないこといっときは外に出れる...

初対面(回想21)

初対面(回想21)

会う約束をしたのは大きな駅から少し離れたカフェの前だったオレは場所を確認するためもあったけどそわそわして予定の1時間前には到着してた「ほんまに来るんやろかずっと話してた女性が」待ち時間の間近くをウロウロしながら期待と不安を重ねてた約束の時間の15分前にはお店の前に着いてお店の看板のメニューをしばらく見て君が現れるのを待ったすると小柄な女性が看板見ているオレに近づいてきたオレが声をかけたかな「こんにち...